iPhone 12、筐体にマグネットを内蔵か

36個のマグネットが円形に配置、使用目的は不明

IphonexsFTHG5961 TP V

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、筐体の内側にマグネットが内蔵されている可能性がある。Weiboの投稿によると、36個のマグネットが円形に配置されているが、使用目的は不明だ。

「iPhone 12」用とされるケースにもマグネットが配置されており、Appleのリーク情報に強いEverythingAppleProは、「Apple純正ワイヤレス充電器と完璧に合う」として、充電器との位置合わせに使用されると予測している

AppleはAirPowerの開発を再開し、開発中止を決断した原因だったオーバーヒートする問題を解決したと噂されている。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、AirPowerの小型モデルが年内に登場する可能性があると予測。新型iMacの発表時間を正確に言い当てたJon Prosser氏は、Cult of Macのポッドキャスト場組「The CultCast」出演時に、同じ予想をしていた。

iPhone 11シリーズで搭載が噂されていた双方向ワイヤレス充電機能と関係する可能性もある。iFixitの分解レポートには、双方向充電用だった可能性があるケーブルが発見されている

「iPhone 12」シリーズは、10月に発表される見通し。全機種の同時発売はされず、6.1インチモデルの2機種を先行して発売し、5.4インチおよび6.7インチモデルを遅れて発売すると噂されている。

ストーリータイムライン
6本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年08月06日
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    スマホリングが磁石でくっつけられる

    1. 通りすがりの読者

      そういう製品出てきそうな気がしますね!

  2. 通りすがりの読者

    Apple watchを充電するための磁石ってことはないですかね?
    つまり、iPhoneでApple watchを充電できるようになる?

  3. 通りすがりの読者

    これでカードの磁気が吹っ飛ぶとかないといいんですが…

    1. g.O.R.i

      そういうのが心配ですよね。。。

  4. 通りすがりの読者

    こういう部品レベルでも細かく綺麗に設計されているのがAppleのいいところですよね。

    1. g.O.R.i

      うむうむ、本当にそうですねー!!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索