2019年のiPhoneは双方向ワイヤレス充電対応に伴い、バッテリーも大型化か

Tinh khuong 1398862 unsplash wirelessly charging iphone

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、2019年のiPhoneは双方向ワイヤレス充電に対応し、実現するために各モデルに内蔵されるバッテリーは大型化されると伝えている。

双方向ワイヤレス充電とは、以前同氏が予想していた他のデバイスをワイヤレス充電できる機能のことを指す。今年は「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の後継機種が発売される見通しとなっている。

「iPhone XS」の後継モデルは電池容量が最大25%増

次期iPhoneが双方向ワイヤレス充電に対応すると伝えているのはKuo氏だけではない。先日、Macお宝鑑定団Blogもサプライヤーからの情報として、Samsungの「Galaxy S10」シリーズに搭載されている「Wireless PowerShare」に対応すると具体的に報じ、iPhoneだけではなくApple Watch、新型「AirPods」も充電に対応する可能性を指摘していた。

双方向ワイヤレス充電は必要とする時には役立つかもしれないが、我々ユーザーが最も恩恵を受けそうなのは、それによる電池容量の増加。5.8インチモデル(「iPhone XS」の後継モデル)は20〜25%増6.5インチモデル(「iPhone XS Max」の後継モデル)は10〜15%増と予想されている。

6.1インチモデル(「iPhone XR」の後継モデル)はほとんど電池容量は増えず、予想増加幅は0〜0.5%とされている。

現行モデルの電池容量は下記の通り:

iPhone XS 2,658mAh
iPhone XS Max 3,175mAh
iPhone XR 2,942mAh

「iPhone XS」の後継モデルの場合、仮に25%も電池容量が増えれば電池容量は3,322mAhになり、664mAh増加することになる。他のiPhoneをフル充電できるほどの電池容量ではないが、Apple Watchや「AirPods 2」であれば充電できる環境にありつけるまでの足しにはなりそうだ。

また、双方向ワイヤレス充電を使わなければより長く使い続けることが可能になり、上記計算だと「iPhone XS」の後継モデルは「iPhone XS Max」を上回る電池持ちになるかもしれない

(via 9to5Mac