2019年のiPhoneは内向きカメラが1,200万画素に進化、レンズを隠す黒コーティングを採用か

iPhone Xのディスプレイ

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、2019年のiPhoneに搭載されているTrueDepthカメラは1,200万画素にアップグレードされると予想している。「iPhone XS/XS Max」および「iPhone XR」は700万画素となっている。

トリプルレンズカメラ、3つ目のレンズはSony製の超広角

進化した内向きカメラは、「iPhone XR」の後継モデルを含む2019年に登場する新型iPhoneすべてに搭載されるとのこと。また、レンズの絞り羽根数は4枚羽根から5枚羽根になるとのこと。

Kuo氏によれば、「iPhone XS」および「iPhone XS Max」の後継モデルはトリプルレンズカメラを搭載し、3つ目のレンズはソニー製の1,200万画素/1μmセンサーを採用した超広角レンズが搭載されると指摘。

この情報はMacお宝鑑定団Blogが語っていた内容と一致している。

Kuo氏は、「iPhone XR」の後継モデルは現行モデルのシングルレンズからデュアルレンズに進化すると予想しているが、Macお宝鑑定団Blogは引き続きシングルレンズを採用すると予想していた。

全モデルに搭載される内向きカメラのレンズおよび上位モデル2機種に搭載される超広角レンズは、いずれも目立たないように黒いコーティングが施されるとのこと。

この黒コーティングにより、背面側は3つ目のレンズの存在感が薄くなり現行モデルと似た見た目になると期待され、前面側はよりベゼルに溶け込んで見えるため画面上部の違和感が緩和されるかもしれない。

内向きカメラに関してはあくまでもレンズが目立たなくなるだけであり、ノッチが小型化されるかどうかは定かではない。一部噂では2019年のiPhoneは画面の切り欠きが小型化されると報じられていた。

先日、トリプルレンズカメラを搭載する次期iPhoneは6.1インチと6.5インチの2モデル展開になるとの噂があったが、Kuo氏の今回の予想ではトリプルレンズカメラを搭載した別のモデルが用意されることについて言及していない。

(via 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索