2020年のiPhone、QualcommとSamsungの5Gチップを採用か

Youssef sarhan 470781 unsplash iphone x

TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏によれば、2020年に発表するiPhoneは5G通信に対応し、採用する5GモデムチップはQualcomm製およびSamsung製になると予想している。

2020年の5G対応iPhone、高い需要が見込まれている

AppleとQualcommは先日、和解を発表しすべての訴訟を取り下げたばかり。同時にIntelがスマホ向け5Gモデムチップ事業から撤退を発表したため、5GチップはQualcomm独占提供になる可能性もあったが、結果的にSamsung製を取り入れることによって回避した模様。

一般的にAppleはiPhone用部品のサプライヤーを1社に絞らず、複数社から調達しリスクの分散を行っている。5Gチップに関しても例外ではなかったようだ。

Kuo氏は2020年に登場する新型iPhoneは新しい需要を生み出し、同年の出荷台数は1億9500万台から2億台になると予想。対して2019年は1億8800万台から1億9200万台になるとの見通しを発表している。

Qualcommと和解したことを受け、iPhoneの5G対応に向けた開発は前進しているとのこと。両社は全世界で適用される特許ライセンスの締結およびチップセットの供給契約に至ったと発表していた。

2020年のiPhoneは、同年後半に登場する見通し。

(via 9to5Mac

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索