iFixit、iPhone 11 Pro Maxの分解レポートを公開

双方向ワイヤレス充電に関する新しいハードウェアらしきものも発見されるも、著名ジャーナリストは機能そのものを否定

Ifixit iphone11promax teardown report

iFixitがiPhone 11 Pro Max」の分解レポートを公開している。

分解レポートによると、内蔵されているRAMはSK Hynix製の4GBであることが確認。カメラ専用のRAMが内蔵されているという説もあったが、カメラ周りの部品も従来と変わらず、専用のRAMも確認できなかった模様。

内蔵されているロジックボードは2層式でiPhone XS Max」と比較して高密度になっていることも明らかになった。

内蔵されているバッテリーはL字型の1セル構造で、容量は15.04Wh(3.79V/3,969mAh)。中国の認証機関TENAAの申請された内容と一致している。なお、「iPhone XS Max」の12.08Wh(3.80V/3,179mAh)だったことから、「iPhone 11 Pro Max」は「iPhone XS Max」と比べて25%も電池容量が増えていることになる。

では実際にバッテリーそのものはどれほど大きくなっているのか。

iPhone 11 Pro Max」のバッテリーの厚さは4.6mm、容積23.8cm³、重量は59.6gであることが判明。「iPhone XS Max」のバッテリーと比較すると厚みは0.7㎜、体は4.2cm³、重量は13g増加していることが分かった。

双方向ワイヤレス充電に関するハードウェアと思われる部品も発見されたようだが、iMoreのRene Ritchie氏はこれを否定。そもそもそのようなハードウェアは搭載されず、最初から双方向ワイヤレス充電をサポートする計画もなければ、今後有効化されるようなこともないとツイートしている。

Apple Watchの充電が実現できなかったことが「AirPower」マットの開発を終了する原因の1つであったと噂されているが、iPhoneの双方向ワイヤレス充電もその問題が解決しない限り、実現することはないのかもしれない。

iFixitが公開している、ユーザー自身で修理できる難しさを評価する「修理難易度スコア」は、10段階中「6」と結論付けている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 11 Pro Max」新着記事
トレンド検索