AirPowerマットの改良プロトタイプ、Apple Watchの充電に成功か

より鮮明な写真が公開、オーバーヒートする問題を解決した可能性

Airpower prototype new model

【image via @jon_prosser】

Appleが開発を再開舌とされる、ワイヤレス充電器「AirPowerマット」のプロトタイプの新しい写真が公開された。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏が、「C68」と呼ばれるプロトタイプユニットの最新版ではApple Watchの充電に成功したと伝えている。

プロトタイプの充電ケーブルはLightningではなく、USB-Cが採用されているそうだ。

プロトタイプはA11チップを内蔵、温度管理機能を追加

AirPowerマットは2017に発表された後、2019年3月にAppleの品質基準に満たないとして開発中止を発表した。開発を断念した理由は発熱トラブル。Apple Watchを他のデバイスと並べて充電するとオーバーヒートしたという。

「C68」は、ダイナミックに発熱を管理する目的でA11チップが内蔵。温度管理機能が備わり、特定のコイルエリアに電流を流すことでオーバーヒートを未然に防げる仕組みになっているそうだ。

Jon Prosserによると、プロトタイプは充電コイルが大型化され、本体素材にシリコンではなくホワイトレザーを使用。Appleは、「AirPowerマット」は「ポートの無いiPhoneに必要不可欠な存在である」と位置づけている、と伝えていた。

2021年のiPhone(iPhone 13)はLightning端子が廃止され、充電およびデータ通信をすべてワイヤレス化する可能性がある。

ストーリータイムライン
6本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年06月19日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    メガネとか充電するならこれ絶対いるよね
    いまあるqi充電は判定が狭すぎるッピ

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索