大悲報:Apple、「AirPower」マットの開発中止を発表

Iphonex charging dock pods

Appleのハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるDan Riccio氏はTechCrunchを通じ、同社が「AirPower」マットの開発計画を中止したことを発表した。

Appleの求める高い品質基準を満たすことができず

開発を断念した理由はシンプル。Appleの高い品質基準を満たすことができなかったから。

「AirPower」マットは当初、2017年9月に「iPhone X」や「iPhone 8」とともに発表。iPhoneとApple Watch、そして「AirPods」をデバイス上どこにおいても正確に充電できる、Apple純正のワイヤレス充電器として注目を集めていた。

ただ、発表後、いつまで経っても発売されなかった。2018年2月にはApple Watch充電用に特殊な検知機能を採用していることが分かり、後に聞いた話によればこれが技術的に極めて難しかったそうだ。逆に言えば、Apple Watchの充電機能を諦めていれば遥か昔に「AirPower」マットは発売されていたかもしれない。

その後、iPhoneの取扱説明書に記載され、「AirPower」と「AirPods 2」は2019年前半に出荷されるという噂も浮上し、「iOS 12.2」の最新ベータ版に「AirPower」をサポートする記述が発見されたものの、結果として「AirPods」のみ発売。

AirPods」の製品ページには新しい「AirPower」マットの公式画像が発見され、「AirPods (第2世代)」の外箱にも「AirPower」について言及されていることが確認されていた。

昨日、John Gruber氏が日本時間3月30日(土)早朝に発売することを示唆するツイートをしたが、結果的に発表ではなく発売中止のお知らせだった。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索