「iOS 12.2」の最新ベータ版に「AirPower」をサポートする記述が発見される

Airpower 2018 coming soon

いよいよApple純正のワイヤレス充電器が1年半越しに発売されるかもしれない。

9to5Macによると、「iOS 12.2」の最新ベータ版に充電中の2つのデバイスを認識するコードを含むワイヤレス充電に関する要素が大幅に変わっていることを確認したという。

「AirPower」マットは3つのデバイスを同時に充電することができ、最も大きいディスプレイを搭載するデバイス(=iPhone)に3つのデバイスの充電状況が確認できる仕様となっている。

今回動きが確認された要素がこれらに関する箇所であることから、Appleは「AirPower」マットの発売に向けた最終調整に入ったとして、近々発売されるのではないかと分析している。

ワイヤレス充電に関する要素に改良が加えられている

過去の情報によると、Appleは2019年1月21日から「AirPower」マットの量産を開始したと伝えられている。また、一部の噂によれば3月29日(金)に発売されると言われている。

3月18日には「iPad Air」と「iPad mini」が登場し、3月19日には「iMac」がアップグレードされ、3月20日には「iPod touch」が発表されるとの噂もある。日本時間3月26日(火)午前2時から開催されるスペシャルイベントに向けてAppleは連日何かしらの新製品を発表する場合、木曜日または金曜日に披露される可能性はある。

ワイヤレス充電に対応した「AirPods」の存在は度々報じられているが、まだ姿を見せていない。「AirPower」マットとセットで登場することも考えられるため、今週中に何かしら動きがあるかもしれない。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索