新型「iMac」、正式発表!CPUとGPUがアップグレードされ、パフォーマンスが2倍に

Apple iMac gets 2x more performance 03192019

Appleは3月19日、新型「iMac」を正式に発表した。

同モデルでは基本的な外観は変わらず、内部仕様を大幅にアップデート。初搭載となる最大8コアを備えるIntelの第9世代プロセッサ、パワフルなVegaグラフィックスのオプションを用意し、計算·描画性能の両方で劇的な進化を果たしている。

新型「iMac」の新しくなったポイント

27インチモデルがアップグレードされたところ

27インチ型「iMac」では初めて第9世代の6コアおよび8コアプロセッサまで搭載可能に。従来比のパフォーマンスは最大2.4倍まで伸びているとのこと。

グラフィック性能は、「Radeon Pro Vega」が選択可能になったことにより、「Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)」へのアップグレードで最大50%向上しているそうだ。アップグレードの追加費用は49,500円(税別)

RAMは2,666MHz DDR4メモリを最大64GBまで搭載することが可能になった。

価格は198,800円から購入可能。ただし、「Radeon Pro Vega」を選択する場合は上位モデルを選ぶ必要があり、253,800円からとなっている。

なお、非Retinaディスプレイ搭載の「iMac」は引き続き120,800円で販売されている。

21.5インチモデルがアップグレードされたところ

21.5インチ型「iMac」は第8世代クアッドコアプロセッサを搭載し、初めて6コアプロセッサも選択可能に。従来比で最大60%も高速な性能を実現しているという。

グラフィック性能は、「Radeon Pro Vega」が選択可能になったことにより、描画性能は「Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)」へのアップグレードで最大80%向上しているそうだ。アップグレードの追加費用は38,500円(税別)

RAMは2,666MHz DDR4メモリを最大32GBまで搭載することが可能になった。

価格は142,800円からとなっているが、「Radeon Pro Vega」を選択する場合は上位モデルを選ぶ必要があり、203,300円からとなっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iMac」新着記事
トレンド検索