新型iMac、正式発表!CPUはKaby Lake、GPUを強化、TB3ポート搭載、RAMは最大64GB

New 2017 imac two side

Appleは6月6日、「WWDC 2017」にて新型iMacを正式発表した

最新モデルはIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」を搭載。最大搭載可能RAMも大幅に増強され、21.5インチモデルは最大32GB、27インチモデルは最大64GBまで搭載可能となっている。

GPUとして、21.5インチモデルは「Intel Iris Plus Graphics 640」に64MBのeDRAMを搭載し、27インチモデルは「Radeon Pro 570/575/580」をサポートし、最大8GBのVRAMに対応。

New 2017 imac top down

ディスプレイは「MacBook Pro 2016」と同様に500ニトの明るさをサポートし、従来機よりも43%も明るくなった。外部ポートとして「USB-C/Thunderbolt 3」を2ポート搭載し、USBやSDカードリーダーなど従来ポートも引き続き用意されている。

27インチモデルはFusion Driveを標準搭載し、最大50%高速化されたSSDを採用。ストレージ容量は最大2TBまで搭載することが可能。

本日から発売開始。21.5インチモデルの価格は1,099ドルから、4Kモデルの価格は1,299ドルから、27インチ型モデル(5Kモデル)の価格1799ドルからとなっている。

もっと読むiMacまとめ
もっと読むWWDC 2017まとめ
FOLLOW / 最新情報を購読