ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12 Pro Maxの開発機が流出か 120Hzディスプレイ、4K@120fpsや4K@240fpsがテスト中

少なくとも6.7インチモデルはLiDARセンサーが搭載される可能性は高い

Filip baotic g2AaE9ONQyQ unsplash

Appleは、2020年の新型iPhone(iPhone 12)において120Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイを6.7インチモデル(iPhone 12 Pro Max)でテストしている可能性がある。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏が、生産検証試験(PVT)モデルのスクリーンショットおよび実機の動画を公開している。

LiDARセンサーは動画およびナイトモードをサポート

スクリーンショットの1枚目は、カメラ機能の設定画面LiDARセンサーの項目が用意され、少なくとも「iPhone 12 Pro Max」には搭載される可能性がある。LiDARセンサーは、動画およびナイトモードにおいて、オートフォーカス機能の改良、被写体の認識精度が向上するという。

より長い露出時間を確保できる拡張したナイトモードの設定項目、拡張したノイズ削減、色深度ビデオ、ズームなどの設定項目も確認できる。動画機能は、4K@120fpsおよび4K@240fpsのスローモーション撮影機能がテストされているようだ。

2枚目のスクリーンショットは、高リフレッシュレートの設定項目。有効化した場合、アダプティブ・リフレッシュレートの有無を選択する項目が表示される仕組みだ。画面上のコンテンツに応じ、リフレッシュレートが60Hzから120Hzまで自動的に調整される。

YouTubeチャンネル「EverythingApplePro」も、同じくPVTモデルのスクリーンショットを公開している。

いずれのスクリーンショットにはPVTモデルであることを示唆する説明が記載されている。Jon Prosser氏によると、120Hzディスプレイが有効化されているPVTモデルは「全体の半分程度」だという。

Appleは例年9月に量産を開始するが、新型コロナウイルスの影響により遅れが発生。「iPhone 12」の発売時期が「数週間遅れる」と発表されており、発表イベントおよび発売時期はすべて10月にずれ込むと見られている。

ストーリータイムライン
10本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年08月26日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    例年通りはさすがに無理でも早ければあと2ヶ月もしないで12シリーズ発売か…
    一年ってあっという間ですね

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索