ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12シリーズ、カメラ配置とノッチ幅をまとめた画像が公開

標準モデルはiPhone 11と見分けがつかない可能性、iPhone 12 Proシリーズは超広角レンズの下にLiDARセンサー配置か

Daniel romero IN0Z2DMGieU unsplash

2020年の新型iPhone(iPhone 12)のカメラ配置およびノッチ幅をまとめた画像が公開された。AppleリーカーのJiorīku氏およびKomiya氏によると、「iPhone 12」のノッチ幅はiPhone Xと同じ。カメラのレンズ配置は変わらないが、センサーの大型化によりレンズは大型化するという。

Jiroku氏は、「iPhone 12 Pro」シリーズのレンズ配置はiPhone 11 Proから変更されないが、レンズ径が大きくなると予測。LiDARセンサーは、マイクががある超広角レンズの下に配置されるとしている。

先日リークした「iPhone 12 Pro Max」用とされるケースの写真は、Jiorīku氏らの予測と一致している。

ストーリータイムライン
9本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年08月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索