ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12 Pro、トリプルレンズカメラ+LiDARスキャナの4眼構成か

iOS 14からリーク、レンズ+スキャナが均等に配置され中央にLEDフラッシュ搭載か

Iphone 12 camera leak and rending

【image via Fudge、Ben Geskin】

2020年の新型iPhone(iPhone 12)に搭載されるカメラは、正方形のカメラユニット内に3つのレンズと1つのLiDARスキャナを配置した4眼構成になる可能性がある。Concepts iPhoneが入手した「iOS 14」のコードから明らかになった。

iPhone 12」シリーズは上位モデルのみ、トリプルレンズとの噂

3つのレンズとスキャナは均等に配置され、中央にLEDフラッシュ、その下にはマイクが配置されているようだ。詳細は不明。

リークされた「iOS 14」のコードによると、「iPhone 12」シリーズの上位モデルのみ3Dセンシングを可能とするセンサーを搭載する可能性が高い。Concept iPhoneの画像は、iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 Pro Max」のカメラ周りを解説した画像であると考えられる。

iPhone 12 Pro」シリーズは、「iPhone 11 Pro」シリーズに搭載されている望遠レンズ、広角レンズ、超広角レンズに加え、iPad Pro(2020)に追加されたLiDARスキャナを搭載する見通し。デザインは、iPad Proを小型化したような筐体になると見られている。


iPad Pro(2020)のLiDARスキャンを搭載したiPhone 12のコンセプトイメージ

「iPhone 12」は、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種の合計4機種が発表されると噂されている。デザインの刷新や5Gの対応も噂されている。

(Source: 9to5Mac

ストーリータイムライン
13本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年04月07日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索