iPhone 12のA14チップ、iPad ProのA12X Bionicに匹敵する性能か

ARMチップとして初めてクロック数が3GHzを超えたチップになる可能性

Cristian musolino CTKY 2Cenk4 unsplash iphone11 apple logo

Appleが開発している「A14」チップは、iPad Proの「A12X Bionic」に匹敵する性能を持つ可能性がある。IT之家が報じた。「A14」は、今秋発売予定の新型iPhone(iPhone 12)に採用される見通し。

ベンチマークツール「Geekbench 5」の計測結果によると、「A14」チップのシングルコアスコアは1658、マルチコアスコアは4612。クロック数は3.1GHzだ。
Iphone 12 benchmark scores

このスクリーンショットが本物であれば、「A14」チップはARMチップとして初めて3GHzを上回ることになる。

A13 Bionicと比較してパフォーマンスは最大34%向上か

「A14」チップは11インチ型iPad Pro(2018)に内蔵されている「A12X Bionic」に匹敵する性能だ。
Ipadpro 11inch geekbench ver2
Geekbench Browserより

iPhone 11シリーズに内蔵されている「A13 Bionic」と比較して、シングルコアスコアで24%、マルチコアスコアで34%のパフォーマンス向上が期待できる。
Iphone11promax geekbench ver2

5Gに対応したQualcommの最新チップ「Snapdragon 865」は、マルチコア性能が「A13 Bionic」と同等の性能だ。「A14」チップにより、Appleはベンチマークスコアで競合を大きく引き離すだろう。
Chipset comparison

OSが異なるが、参考に16インチ型MacBook Pro(2019)の6コアモデルと比較する。「A14」チップは、シングルコアスコアが60%高く、マルチコアスコアが16%低い。
Macbookpro 16 6core geekbench ver2
Geekbench Browserより

TSMCは、「A14」チップを4月から量産開始する見通しだ。

これまでのニュースをチェックする
5本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年10月09日
コメント(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:579049)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:579048)
    A13 Bionicとの比較のところで 「A14」チップは11インチ型「iPro Pro 2018」に内蔵されている「A12X Bionic」に匹敵する性能だ。 "iPro Pro"になってますよ〜!!(強そう。。)

    強そうだ確かに……w ありがとうございます!今直しました!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:579048)

    A13 Bionicとの比較のところで
    「A14」チップは11インチ型「iPro Pro 2018」に内蔵されている「A12X Bionic」に匹敵する性能だ。
    “iPro Pro”になってますよ〜!!(強そう。。)

  3. g.O.R.i(コメントID:579023)
    コメント先:あうん(コメントID:579022)
    iPad Proのベンチ画像の上の行、A12xがA12になってます。

    ありがとうございます!間違ってますね!ただいま修正完了しました!

  4. あうん(コメントID:579022)

    iPad Proのベンチ画像の上の行、A12xがA12になってます。

  5. 通りすがりの読者(コメントID:579016)

    うーん….相変わらずすごいなぁ…ワイヤレス給電がもっと進化したらAチップだらけのiPhoneになって、もっと進化したらAチップしかなくなるんだろうなぁ笑

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索