2018年のiPhone、やはり全モデル「Face ID」対応か

IPhone XI Concept Images iDrop News 4

Appleが2018年に発売するiPhoneはすべてのモデルが「Face ID」に対応するとETNewsが報じている。

これまでの情報によると、次期iPhoneは「iPhone X」の後継モデルと位置付けられる5.8インチ型有機ELディスプレイモデル6.5インチ型有機ELディスプレイモデル6.1インチ型液晶ディスプレイモデルの3モデル展開になる見通し。

Appleはこれらの3モデルに「Face ID」に対応させることを決定し、専用モジュールのサプライヤーを選定したと伝えられている。

「iPhone X Plus」の電池容量は3,300〜3,400mAhになると見られ、4GBのRAMを搭載すると噂されている。これは、2セルのL字型バッテリーを採用することによって実現し、「iPhone X」の後継モデルも同様のバッテリー技術が採用されると見られている。

また、6.1インチ型液晶ディスプレイモデルは0.5mmのベゼルを実現したジャパンディスプレイの新型液晶を採用すると噂されている。

新しいアンテナデザインを採用し、LTEがさらに高速化され、デュアルSIMに対応するという噂もある。先日、モデムチップの提供元からQualcommが排除され、Intelが独占すると報じられていた。

(via 気になる、記になる…