2018年のiPhone、Apple Pencilはサポートされない見通し

iphone x trio

これまで何度か次期iPhoneの有機ELモデルが「Apple Pencil」をサポートすると報じられていたが、Ming-Chi Kuo氏によると、2018年のiPhoneは良いユーザー体験を提供できないことを理由として「Apple Pencil」の対応が見送られたと伝えている。

フランスのラジオ番組がiPhoneの発表イベントを9月12日に開催すると伝えていたが、Kuo氏も新型iPhoneは9月9日の週に発表されると予想し、ますます来月12日の開催が濃厚になってきた。

新型iPhoneの予想されるスペックや仕様が明らかに

これまでデュアルSIMをサポートするのは中国版の6.1インチモデル限定だと伝えられていたが、Kuo氏は以前から一貫して6.1インチモデルだけではなく6.5インチモデルも対応すると主張。今回も同様の内容を伝え、中国など一部地域限定になると説明している。

5.8インチモデルはデュアルSIMはサポートしないものの、eSIMをサポートする可能性があるとのこと。ただし、eSIMが有効化された状態で出荷されるかどうかは不明だという。

現時点における次期iPhoneのスペックや仕様も公開している。6.5インチモデルの解像度は2,688 x 1,242になり、ストレージ容量は64GB・256GB・512GBが用意される見通し。

6.1インチモデルの解像度は1,792 x 828になり、ストレージ容量は64GB・256GBの2種類。シングルレンズとなり、アンテナも有機ELモデルよりも少ない。

有機ELモデル 液晶モデル
6.5インチモデル 5.8インチモデル 6.1インチモデル
解像度 2,688 x 1,242 2,436 x 1,125 1,792 x 828
RAM 4GB 3GB
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB 64GB / 256GB
SIMスロット シングルSIM
デュアルSIM
シングルSIM
(eSIM対応の可能性あり)
シングルSIM
デュアルSIM
Face ID
外向きカメラ 1,200万画素デュアルレンズ
(6枚絞りレンズ、光学手ブレ補正)
1,200万画素シングルレンズ
(6枚絞りレンズ、光学手ブレ補正)
アンテナ 4×4 MIMO 2×2 MIMO
フレーム ステンレススチール アルミニウム
電池容量 3,300〜3,400mAh
(2セル)
2,700〜2,800mAh
(2セル)
2,600〜2,700mAh
(1セル)
カラバリ 3色 5色
予想価格 900〜999ドル以上 800〜899ドル以上 600〜699ドル以上

ハードウェアには多少の差はあるが、いずれも「A12」チップを搭載すると見られ、処理能力に関してはほぼ同等ではないかと予想される。

Kuo氏は6.1インチモデルが最も売れると予想し、2018年下半期において新型iPhoneの出荷台数のうち50〜55%、2019年上半期において65〜70%を占めると予想している。ただし、製造スケジュールの都合上、他の2機種よりも出荷が遅れる可能性があるとしている。

(via MacRumors