次期iPhoneの有機ELモデル、やはりApple Pencilをサポートか

Iphone and apple pencil 01

新型iPhoneの有機ELモデルが「Apple Pencil」をサポートするという情報がTrendForceから報じられたのは14日のこと。にわかに信じがたい内容ではあるが、經濟日報次期iPhoneの有機ELモデルが「Apple Pencil」による入力や操作をサポートする、と報じている。

6.1インチモデルはApple Pencilの操作に非対応

業界の関係者から入手したとされる情報によると、「Apple Pencil」のサポートは有機ELモデルに限定され、2018年のラインアップで言う5.8インチモデルと6.5インチモデルのみが利用できる見通し。液晶ディスプレイを搭載する6.1インチモデルはサポートしないそうだ。

果たして本当にAppleはiPhoneで「Apple Pencil」を利用可能にするのだろうか。確かに故Steve Jobs氏はiPhoneを初めて世に披露した際にスタイラスペンによる入力という考えを壇上で全否定したことで有名だ。

あれからすでに11年経っている。当たり前だが、時代は変わっている。Appleも10年前の発言に縛られる必要はない。

「iPad」は最新モデルで「Apple Pencil」に対応しているが、「iPad mini」は「iPad mini 4」が2015年9月に発表されて以来、アップデートなし。当然「Apple Pencil」もサポートされていない。

「iPad mini」をラインアップから消すと同時に、「iPhone 8 Plus」よりもさらにディスプレイが大きくなった6.5インチモデルを中心に「Apple Pencil」で利用可能にすることによって、「iPad mini」の「Apple Pencil」対応を待っているユーザーを取り込む狙いがあるのかもしれない。

仮に実現した場合、既存の「Apple Pencil」のままなのか、iPhone用に小型化されたモデルが登場するのかは分かっていない。「Apple Pencil」も発表されてから3年経っている。

果たしてどうなるのか。少なくとも次期iPhoneで「Apple Pencil」対応が実現したらSamsungは大喜びだろうなあ。

(via MacRumors