新型iPhoneの有機ELモデル、Apple Pencilをサポートか?!512GBモデルも追加との噂

Iphone x and apple pencil 01

次期iPhoneは3種類用意され、そのうち2種類は有機ELディスプレイを搭載し、1種類は液晶ディスプレイを搭載すると見られている。

上位機種として位置づけられている有機ELディスプレイモデルだが、TrendForceによると、iPhoneとして初めて「Apple Pencil」をサポートすると伝えている!

液晶ディスプレイモデルは699ドルから、RAMは3GBか

有機ELディスプレイモデルが「Apple Pencil」に対応すれば、これはビッグニュースだ。

iPad mini」がアップデートされる気配がなく、PlusサイズのiPhoneがすでに置き換えた状態になっていたところを、次のモデルでさらにディスプレイサイズが大きくなる。「Apple Pencil」が利用できる「iPad miniを待ちわびていた人にとって次期iPhoneの6.5インチモデルは言うまでもなく「買い」になるかもしれない。

ただし、原文ではあくまでも「Apple Pencilがオプションとして用意される」としか書かれていないため、端末が筆圧認識をサポートすることを示唆しているように読み取れるものの、説明があまりにもざっくりしているため、過度な期待は避けた方が良さそう。

TrendForceは次期iPhoneの具体的なスペックなどについても説明。液晶ディスプレイモデルは6.06インチのディスプレイを搭載し、ストレージオプションは64GBと256GB。RAMは3GB搭載され、「Face ID」に対応する。

2018 iphones 512GB model apple pencil support
【image via TrendForce

一方、有機ELディスプレイモデルは5.85インチおよび6.46インチのディスプレイを搭載し、それぞれ64GBと256GBに加え、512GBのストレージオプションが追加される見通し。RAMも4GBになるなるようだ。もちろん、「Face ID」に対応する。

価格は、6.06インチモデルが699ドル〜749ドル、5.85インチモデルが899ドル〜949ドル、6.46インチモデルが999ドルになると予想している。このことから、「iPhone X」の後継機種は「iPhone X」よりも値下げされ、最も大きいサイズのPlusモデルは「iPhone X」と同じ価格になるようだ。

次期iPhone発表まであとわずか。より具体的な情報が次々と出てきそうで楽しみだ!