2018年の新型iPhone、6.1インチ/6.5インチモデルの新たな図面が公開

iPhone X Plusのコンセプトイメージ

WWDC 2018」を終えた今、次なるビッグイベントは秋に控えている新型iPhoneの発表だ。gori.meが信頼できる情報筋から入手した情報によると2018年に登場する新しい筐体サイズを持つ6.5インチモデルと6.1インチモデルのサイズデータはほぼ確定したと見られている。

先日、6.1インチ型「iPhone 9」と6.5インチ型「iPhone X Plus」の図面・3Dデータが公開されていたが、今度はForbes6.5インチモデルと6.1インチモデルの図面を公開しているので紹介する!

6.5インチモデルの図面ーー3つめのレンズ?LED?

Iphone x plus schematics

2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラを採用すると噂されているが、先日、2018年に登場する「iPhone X Plus」もトリプルレンズカメラを搭載するという噂も報じられていた。

今回公開されている図面にはiPhone X Plus」と呼ばれている6.5インチモデルはトリプルレンズカメラを搭載していることを示唆しているようにも見えるが、3つめのレンズではなくLEDライトである可能性が高い。

実際、「iPhone X」のカメラレンズは3つの穴が縦に配置され、図面にある構成と一致している。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

サイズは「iPhone 8 Plus」(158.4 x 78.1mm)よりも小さくなり、157.2 x 77.1mmになるとのこと。これまで報じられてきた寸法よりも0.xミリ単位での誤差はあるものの、概ね一致している。

6.1インチモデルの図面ーーシングルレンズが特徴

Iphone x plus schematics 2

6.1インチモデルの新型iPhoneの図面によると、同モデルのサイズは147.12 x 71.52mmになり、「iPhone X」(43.6 x 70.9mm)よりも大きくなる。カメラもデュアルレンズではなく、「iPhone 8」と同じシングルレンズ構成が採用されている。

6.1インチ型液晶ディスプレイ搭載の新型iPhoneは「3D Touch」が非対応であると伝えられていたが、Forbesもサポートしないと指摘している。

今年発表される新型iPhoneはすべて「Face ID」に対応すると噂されているが、有機ELディスプレイを搭載する5.8インチモデルと6.5インチモデルはいずれも「Face ID」の第2世代にアップグレードされるが、液晶ディスプレイを搭載する6.1インチモデルは「iPhone X」が採用してる第1世代のままになるという情報も伝えているが、信憑性は定かではないとのこと。

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい