6.1インチ/6.5インチ型iPhoneとされる新しいダミーユニットの写真が公開

2018 iphone dummy models

6.1インチ/6.5インチ型iPhoneのダミーユニットの写真を紹介したばかりだが、Ben Geskin氏がまた新しい6.1インチモデルおよび6.5インチモデルの新型iPhoneとされるダミーユニットの写真を投稿している。


6.1インチモデルの方がノッチが大きいように見える

6.5インチモデルは縦並びのデュアルレンズカメラを搭載し、6.1インチモデルはシングルレンズカメラでLEDライトがレンズの下に配置されている。

いずれもホームボタンがなく、ヘッドホン端子も非搭載となっていて、Lightningポートの左右には均等に配置されたスピーカーグリルが見受けられる。

前面を比較してみると、6.1インチモデルの方がTrueDepthカメラを内蔵する切り欠き(ノッチ)が大きいように見える。通話用スピーカーの隣にあるカメラレンズが6.5インチモデルと比較して大きい。

また、6.1インチモデルの外向きカメラのレンズも「iPhone 8」よりも大きいように見える。以前、Macお宝鑑定団Blogが、同モデルに搭載されるカメラセンサーが大型化され、それに伴いカメラも物理的に大きくなると伝えていた。

あわせて読みたい