「iPhone X」の次期モデル、カメラが大型化?!液晶モデルは6インチでシングルレンズとの噂

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

2018年に登場するiPhoneは有機ELディスプレイモデルが2機種、液晶モデルが1機種になると見られているが、Macお宝鑑定団Blogが信頼できるサプライヤー情報筋から入手した情報として各モデルの物理的サイズや一部仕様について伝えている!

6.5インチモデルは「iPhone 8 Plus」と同サイズか

その情報元によると、「iPhone X」の大型モデルと位置づけられ、現段階でiPhone X Plus」と呼ばれている有機ELディスプレイモデルは「iPhone 8 Plus」と同じサイズになる模様。

カメラの実装形式の変更により、厚みは0.2mmほど増すとのことだが、それ以外は同じサイズになる見通し。

iPhone Xと8でSpotify比較

参考に、「iPhone X」と「iPhone 8」の物理的なサイズを比較した表が以下。「iPhone X」の場合、「iPhone 8」よりも一回り大きくなっている。

iPhone X 143.6mm x 70.9mm x 7.7mm
iPhone 8 138.4mm x 67.3mm x 7.3mm

発売直後、「iPhone X」を手に取った人の多くが「予想よりも重かった」とコメントしていたことが印象的だったが、「iPhone X Plus」はどうなのだろうか。参考に、「iPhone 8 Plus」の重量は202gである。

液晶ディスプレイモデルは6インチ、「iPhone X」の後継モデルはカメラが大型化か

今年発売される3機種はいずれもホームボタンを廃止し、すべて「Face ID」になると見られているが、1機種は液晶ディスプレイを搭載する低価格モデルになると噂されている。

これまでは6.1インチ型の液晶ディスプレイを搭載すると見られていたが、サプライヤー情報筋によると6インチディスプレイになると伝えられている。

サイズ感は「HUAWEI nova lite 2」に近いとのこと。

Huawei p smart split screen bg mobile
HUAWEI nova lite 2の公式ページより

「iPhone X」はデュアルレンズカメラを搭載しているが、この液晶ディスプレイモデルはシングルレンズ仕様になっているとのこと。

また、「iPhone X」の後継機種は現行モデルと同じ筐体サイズになるものの、カメラセンサーが大型化され、それに伴いカメラも物理的に大きくなるようだ。

「Face ID」は「iOS 12」で横向きにしても認証可能に?!

最後に、「Face ID」の改良点として、iOS 12」では従来の縦向きに加えて横向きでもロック解除可能になるとのこと。

縦方向に限定される認証は現在の「Face ID」における一つの大きな弱点であり、不便なポイントでもあるため、改良されるのは非常にありがたい。

また、横向き対応の「Face ID」が利用可能になることに伴い、噂されているベゼルレスディスプレイを搭載し、「Face ID」を採用した新型「iPad Pro」の実現に一歩近づいたと言える。

「iOS 12」は「WWDC 2018」で披露される見通し。「Face ID」について言及されるのか、注目が集まる。

あわせて読みたい