「iPhone XS Max」の次期モデル、4,000mAhのバッテリー内蔵、15W高速ワイヤレス充電、3倍光学ズーム対応か

Iphone xi triple camera lens

2019年の新型iPhoneMaxモデルのみトリプルレンズカメラを搭載すると言われている。その結果、iPhone XS Max」の後継モデルはAndroidスマートフォンのハイエンド機種に匹敵するスペックを持ち合わせることになるかもしれない。

WeiboユーザーC Technology氏によると、「iPhone XI Max」に搭載されるトリプルレンズカメラは広角レンズ、3倍光学ズームに対応した望遠レンズ、そして超広角レンズの3レンズ構成になると伝えている。これは「Huawei P20 Pro」に搭載されているカメラに非常に似ている。

ノッチの小型化、リフレッシュレート120Hzのディスプレイの噂も

電池容量も大幅に増加し、「iPhone XS Max」の3,179mAhから約800mAhも増えた4,000mAhになると書かれている。ただ、これほどの電池容量増を実現するためには物理的なスペースも確保する必要があり、次期モデルが現行モデルと大きくデザインが異ならないと見られていることから、実現可能性は高くなさそう。

一方で、ディスプレイのリフレッシュレートが90〜120Hzになるという噂は実現可能性はありそう。「iPad Pro」はリフレッシュレート120HzのProMotionテクノロジーを採用し、「Apple Pencil」だけではなくアプリの各種アニメーションなども滑らかになっている。

また、これまで何度も報じられている通り、画面上部のノッチが小型化されることについても言及されているが、詳細は不明。過去にはカメラモジュールと顔認識モジュールが統合するという噂もあったが、真偽は不明。

他にもワイヤレス充電が最大15Wに対応するとの情報もある。現行モデルは最大7.5Wまでしか対応せず、Androidスマートフォンのハイエンド機種に見劣りする性能となっている。

これらの情報の信憑性は不明。今後報じられる続報を待とう。

Wccftech via MacRumors

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索