「iPhone SE」の次期モデル、2018年初頭に発表か

Iphone se 2 front back render 1

iPhone SE」の製造を担当するWistronは、2018年第1四半期に登場する「iPhone SE」の次期モデルに向けて、インドを拠点とした量産体制強化に向けて準備を進めているとFOCUS TAIWANが報じている。

Wistronはカルナータカ州のバンガロールにある「iPhone SE」用の工場に次期モデルのラインを追加する方針となっていて、現地政府と敷地拡大に向けて交渉を行っているとのこと。

Appleは5年間以内にインド国内におけるiPhoneの市場シェアを2倍にする計画があり、そのために製造量を2〜3倍まで拡大することを目標にしている。次期モデルはインドで先行販売された後、世界各国で販売される流れになるという。

tekz24によると、次期「iPhone SE」は「iPhone 7」の内部仕様が数多く採用されると予想され、「A10」チップになり、RAMは2GB、1,200万画素の外向きカメラと500万画素の内向きカメラを搭載するとのこと。

現行モデルの1,640mAhよりも僅かに増えた1,700mAhのバッテリーを搭載し、「iPhone 7」と同様にベゼルが薄くなると伝えられていた。

(via MacRumors

もっと読むiPhone SEまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読