次期iPhone、新しいアンテナ技術を採用か

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

Appleは、2019年のiPhoneではアンテナ素材を変性ポリイミド(MPI=Modified PI)に変更すると、TFIアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えている。「iPhone XS」までは液晶ポリマー(LCP=Liquid Crystal Polymer)が採用されていた。

新しい素材に切り替えることによって僕らユーザーはどのような恩恵を受けることができるのか。

次期iPhoneは超広帯域無線通信をサポートか

Kuo氏によると、LCPは現時点における技術や製造に関わる問題によって通信性能を制限していると指摘。MPIを採用することにより、通信性能を下げることなく、製造がしやすくなり製造原価も下げられるそうだ。

性能を変えずに価格を抑えられるのであれば、AppleがMPIを採用しない理由はどこにもないと思われるが、Kuo氏によると、現状起きている問題は解決しているとの見通しから、2020年に登場する5G対応iPhoneはLCPが採用されると予想している。

2019年のiPhoneはMPIへの切り替えで一部コストは削減できるものの、超広帯域無線通信(Ultra Wide Band)の対応によってアンテナ技術コストは全体として10〜20%値上げすると見られている。

超広帯域無線通信のサポートにより、屋内ナビゲーションの精度の向上が期待される。他にも次期iPhoneは次世代無線規格「Wi-Fi 6」に対応するとの噂もある。

(via MacRumors9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索