「iPhone XS Max」の後継モデル、f1.6のトリプルレンズを搭載か

Triple Lens camera for iphone 2019

Ben Geskin氏によると、2019年に登場する「iPhone XS Max」の後継モデルはf1.6のトリプルレンズを搭載するとツイートしている。現行モデルは6枚羽根レンズを採用しているが、次期モデルでは7枚羽根になるという。

トリプルレンズの搭載に関する噂は今回が初めてではなく、同氏の情報元は不明。過去の実績からして、鵜呑みにはしない方が良さそうだ。

先日、Ming-Chi Kuo氏は2019年のiPhoneが2018年と同じ3モデル展開になると予想を発表していた。また、過去には3Dセンシングと改良されたズーム機能に対応するという噂もあったが、信憑性は定かではない。