トリプルレンズカメラ搭載のiPhone、2019年に少なくとも1機種登場か

Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 12

Yuanta証券のアナリストJeff Pu氏によると、Appleは2019年に少なくともトリプルレンズカメラ搭載のiPhoneを1機種発表する計画があるTaipei Timesが報じている。

2019年のiPhoneは光学3倍ズーム対応に期待

先月10日には経済日報も同じく2019年のiPhoneがトリプルレンズカメラを採用するとの情報を報じていた。1,200万画素の6枚羽根レンズで5倍ズームに対応すると説明されていたが、Pu氏は詳細の仕様については明らかにしていない。

実現した場合、「iPhone X」または「iPhone X Plus」の後継モデルに採用されると考えられ、現行モデルの光学2倍ズームを上回る光学3倍ズームへの対応が期待される。既にトリプルレンズカメラを採用しているHuaweiの「P20 Pro」は光学3倍ズームに対応し、カメラ性能は高く評価されている。

個人的には物理的なスペースおよび差別化要素として「iPhone X」の後継モデルではなく「iPhone X Plus」の後継モデル限定の仕様になるのではないかと予想している。

なお、先日KGI証券を退社したMing-Chi Kuo氏によると、2018年の新型iPhoneの外向きカメラにはTrueDepthカメラは搭載されないと予想し、引き続き6枚羽のレンズが採用されると伝えていた。

(via MacRumors