2019年のiPhone、正式名称は「iPhone 11 Pro」という説も浮上

「iPhone 11 Pro」が”事実”だとすれば、「5.8インチiPhone 11 Pro」「6.5インチiPhone 11 Pro」の方が現実的?

Dhe haivan MzgRJa kYLA unsplash

2018年のiPhoneを正確に言い当てた実績を持つ著名リーカーが次期iPhoneの正式名称には「Pro」が含まれると指摘していたことに対し、MacRumorsは匿名の人物から「正方形のカメラを搭載したiPhoneは iPhone 11 Pro と呼ばれる。これは事実だ」との情報を入手していたことを明らかにした。

これにより、2019年のiPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11R」というラインアップになる可能性が浮上してきた。

6.5インチモデルを「Max」ではなく「Pro」にするのか

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」ということは、Appleは上位モデルを「Max」ではなく「Pro」にする可能性があるということ。

果たしてこれは有り得るのだろうか。基本的にディスプレイサイズとバッテリー以外の仕様は共通にする可能性が高いことから、大きいモデルのみ「Pro」をつけるのはあまり現実的ではない

よって、もし「iPhone 11 Pro」が”事実”だとすれば、「5.8インチiPhone 11 Pro」「6.5インチiPhone 11 Pro」の方が分かりやすいように思える。

iPhone初の「Pro」ネーミングは誕生するのか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索