2019年のiPhone、5.8インチモデルと6.5インチモデルか

2019 iphones same size

Ben Geskin氏が、2019年のiPhoneはディスプレイサイズは変わらず5.8インチモデルと6.5インチモデルが用意されるツイートしている。6.1インチモデルについては言及されていない。

2019年のiPhoneは一体どうなるのか

2019年も液晶モデルをiPhoneラインアップに残す方針という情報もある一方で、全モデルが有機ELディスプレイを採用という情報もあり、どちらが正しいか不明。

ただし、今年発表した6.1インチモデルが来年消えるというのは考えづらく、技術的に難易度の高いディスプレイを開発した以上、「iPhone XR」の後継モデルはいずれ登場すると考えられる。

Ming-Chi Kuo氏は2019年のiPhoneには進化したTrueDepthカメラを搭載するとしているが、外向きTrueDepthカメラは採用しないとしている。韓国メディアによると画面の切り欠き(ノッチ)が小型化されると噂されているが、信憑性は不明。

トリプルレンズカメラ搭載のiPhoneが少なくとも1機種登場するという予想もあるが、これを裏付ける決定的な情報は今のところ存在しない。