2019年のiPhone、新ディスプレイ技術採用で薄型化・軽量化か

IPhone XS XS Max Review 10

2019年のiPhoneは新しいディスプレイパネル技術の採用により、薄型化・軽量化する可能性がある

ETNewsによると、Appleはタッチセンサーが統合された、Samsungのフレキシブル有機ELパネル「Y-Octa」を採用すると見られている。従来はタッチセンサーのレイヤーがディスプレイパネルに重なっているが、これらが統合することにより、多少の軽量化および薄型化が見込めるとのこと。

情報元によると「Y-Octa」は来年には出荷できるとのことだが、初期出荷量の都合上、ハイエンドモデルのみに採用される可能性があると指摘している。

ただし、この技術は2つの異なる製品を重ねる場合よりも価格を押えることができるため、将来的には幅広い製品に採用されると予想されている。

この技術はSamsungが今年3月頃、Appleから継続して有機ELパネルを受注するために提案したとのこと。現在、Samsungは「iPhone XS」および「iPhone XS Max」用の有機ELパネルを独占的に提供している。

(via 9to5Mac

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索