2019年のiPhone、全モデルが有機ELディスプレイを採用か

Lastly creative 574297 unsplash iphonex display

2018年のiPhoneは2モデルが有機ELディスプレイを搭載し、1モデルが液晶ディスプレイを搭載すると噂されているが、ETNewsによると、2019年に発表される新型iPhoneは3モデル共通して有機ELディスプレイを採用すると報じている。

2年後には有機ELパネルの原価が抑えられる見通しがある?

これは複数のAppleの関係者による情報とのことで、全モデルが有機ELディスプレイを採用すると説明しつつも、モデル数が3機種よりも多い場合、液晶ディスプレイモデルも登場されるかもしれないとのこと。

現状、「iPhone X」の有機ELディスプレイはSamsungが独占的に提供しているが、AppleはiPhone用有機ELパネルの開発費用としてLG Displayに27億ドルを先行投資したとされている。今秋登場が予想されている「iPhone X Plus」用のディスプレイパネルを供給する見通し。

「iPhone X」の部品原価は357ドルと推定され、最も高価な部品は有機ELディスプレイで、原価は65.50ドル。と言われている。

すべてのモデルに有機ELディスプレイを採用するということは、2019年までには有機ELディスプレイの製造元をSamsungからLGに切り替え、コストを抑えることができていることを想定しているのかもしれない。

あわせて読みたい