Apple、LG Displayに27億ドルを先行投資かーーiPhone用有機ELパネルの開発費用

IPhone 7 Product Red Special Edition

7月上旬に、AppleがLG Displayの有機ELディスプレイ工場に投資を計画していると報じられていた。Korea Economic Dailyが現地時間28日に報じた情報によると、AppleはiPhone用有機ELパネルの開発費用としてLG Displayに27億ドル(約3,000億円)を先行投資したとThe Investorが伝えている。

現状、Samsung Displayが有機ELパネル市場の95%を占め、独占状態となっている。独占状態をキープするためか、同社はさらに有機ELディスプレイ専用の巨大工場を建設する計画が噂されている。

「iPhone Pro」では有機ELディスプレイが採用されると予想され、Samsung製有機ELパネルが使用される見通しだが、2018年以降はLG Displayも供給元になることが期待されている。

一方、Appleは有機ELに取って代わる新しいディスプレイ技術として「マイクロLED」の開発も進めていると伝えられ、早ければ2017年後半からマイクロLEDディスプレイを搭載した製品の少量生産を試験的に開始するという噂もある。2014年5月には同技術を取り扱うLuxVue Technologyを買収していることも明らかになっている。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい