Apple、2019年も液晶モデルをiPhoneラインアップに残す方針か

iPhone X in pocket

2018年の新型iPhoneは3種類から成ると噂されているーー「iPhone X」の後継モデル、「iPhone X Plus」と呼ばれているPlusサイズの6.5インチ有機ELディスプレイモデル、そして6.1インチ液晶ディスプレイモデルだ。

今後のiPhoneに搭載するディスプレイはすべて有機ELに移行する可能性もありそうだが、WSJによると、Appleは2019年以降も液晶ディスプレイを搭載したiPhoneが引き続きラインアップに残す方針であると報じている!

液晶モデルが最も売れる新型iPhoneになる見通し

Appleのサプライチェーンに精通した情報元によると、Appleは2018年は液晶ディスプレイを搭載したiPhoneの売上が大部分を占める見通しを立てているとのこと。

当初は有機ELモデルと液晶モデルどちらも同程度を生産する計画だったとされるが、現在は液晶モデルの生産数を増やしているとのこと。6.1インチ型の液晶モデルは「価格が手軽なPlusサイズのiPhone」に対する需要があると見込んでいるようだ。

WSJが「液晶モデル」と指摘しているのは新しい6.1インチモデルのみなのか、「iPhone 7」「iPhone 8」「iPhone SE」などホームボタンを搭載した既存モデルも含んでいるのかは、不明。

とは言え、誰しもが一斉にホームボタンがのないiPhoneに移行できるとは考えられず、これらのモデルは液晶モデルの売上に貢献すると考えられる。

割賦で買う日本人は液晶モデルを選ぶ?有機ELモデル?

天風国際証券のMing-Chi Kuo氏によると、2018年のiPhoneは全モデル9月に発表され、端末価格が値下げされると伝えている。注目の6.1インチモデルはシングルレンズ、アルミ製筐体、3D Touch非対応になるという噂だ。

スペックそのものは「iPhone X」よりも劣るが、サイズ感は「iPhone X」をわずかに大きくしたサイズとなり、価格も日本円で2〜3万円ほど安いと予想される。

価格が手頃であることは売上を伸ばす大事な要因ではあるが、日本人のように割賦で購入する人が多い場合はその差は微々たるもの。量販店やキャリアショップも高い方を勧める可能性の方が高く、買う側も「長く使いたいから」「どう買うなら良い方を」という理由で結果的にハイスペックのものを買うのではないかと予想している。

果たしてAppleの予想は世間の動きを正確に捉えることができるのか。

(via MacRumors