2019年のiPhoneも画面内蔵型「Touch ID」は実装されない見通し

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

もう「Touch ID」は過去のもの、ということなのかもしれない。

MacRumorsによると、Ming-Chi Kuo氏がAppleは2019年のiPhoneでは「Touch ID」を内蔵せず、ディスプレイ内蔵型の指紋認証機能もサポートする予定はないと予想していることを伝えている。

今後はTrueDepthカメラによる「Face ID」を生体認証システムとして、iPhoneやその他デバイスにも採用する可能性が高いと指摘している。

「Touch ID」搭載のiPhoneは「iPhone 8」が最後の可能性

Appleが顔認証システムを導入すれば、Samsungを筆頭に各Androidメーカーも顔認証システムを導入する、というのが指紋認証システムで見られた流れだったが、意外にもAndroidメーカーは違う方向で差別化を模索していると伝えられている。

というのも、Appleの提供している「Face ID」は精度が非常に高く、Samsungでさえも同程度の安全性を実現できる仕組みは実装できていない。

そのため、AndroidメーカーはAppleが採用しなかった、ディスプレイ内に指紋センサーを埋め込む「Fingerprint On Display(FOD)」テクノロジーを研究しているとのこと。

2018年のiPhoneは3モデルが発表されると噂され、いずれも「Face ID」を採用する見通し。よって、ホームボタンがある「Touch ID」のiPhoneが欲しいのであれば、今のうちに「iPhone 8」を購入しておいた方が良さそうだ。