ベゼルレスになった「iPad Pro」の公式ページ風コンセプトイメージが公開

Ipad pro concept image apple page 4

iOS 12」にはベゼルレス・デザインのiPadを示唆するヒントが多数存在し、今秋に「Face ID」対応の新型「iPad Pro」が登場する可能性が高いと見られている。

ベゼルレスになれば、少なくともホームボタンが廃止されれると思われるが、「iPhone X」のように画面上部にノッチがあるのか、上下左右のベゼルが同様に薄くなるのか、分かっていない。

今回、Behanceに投稿されたÁlvaro Pabesio氏によるベゼルレスになった「iPad Pro」のコンセプトイメージは後者をイメージ。Appleの公式ページ風になっているので、紹介する!

ディスプレイサイズは11.9インチ、カメラもデュアルレンズ

物理的なサイズは、10.5インチモデルとほとんど同じだが、ベゼルが薄くなる分、より大きいディスプレイを搭載できることをイメージ。ディスプレイサイズは11.9インチになることが想像されている。
Ipad pro concept image apple page 3

ベゼルが限りなく少なくなった大画面を指先で操作できるのは相当楽しいに違いない。特に10.5インチモデルを持っている人もしくは使ったことがある人は、ほぼ変わらない大きさでディスプレイサイズが1インチ以上も大きくなることに感動しそう。これはすべて僕の妄想だが、きっとそうだと思う。

搭載されているカメラは「iPhone 8 Plus」のようにデュアルレンズカメラ。iPadの場合、どの向きが正位置なのか判断しづらい部分があるが、縦向きを正位置とした場合、縦並びではなく横並びの配置と言える。
Ipad pro concept image apple page 1

iPadで写真を撮る人は意外と少なくないようなので、カメラの性能向上は大事かもしれない。僕は資料をスキャンする時ぐらいしかつかわないが……。

興味深かったのは、iPhoneアプリをフローティング・ウィンドウのように起動して使用マルチタスク機能が考えられていること。iPadには純正の電卓アプリが用意されていないのだが、Continuity機能を利用してiPhoneで起動すると、iPad上でiPhoneアプリが表示される、という仕組みだそうだ。
Ipad pro concept image apple page 2

iOS 12」の中にはiPad用「Face ID」の設定が発見され、ホームボタンが廃止された前提の操作方法を用意され、メニューバーの配置が変更されている。実際のサイズと言い、デザインの詳細と言い、今秋の登場が非常に楽しみである!

コンセプトイメージのその他の画像は下記リンクからどうぞ!

(via 9to5Mac