iOS 12:ベゼルレス・デザインのiPadを示唆するヒントが多数

Ios12 hints at bezelless ipad

次期「iPad Pro」として「Face ID」に対応したベゼルレス・デザインを採用した新モデルが登場すると噂されているが、「WWDC 2018」の基調講演の中では特に言及されず、最新OSの内容についてすべてを使い切った。

だからと言って噂されているベゼルレスのiPadに関する情報が全くないわけではない。むしろ、これでもかと言わんばかりに「iOS 12」内に足跡を残していることが確認され、ベゼルレス・デザインのiPadが今秋に登場することはほぼ間違いないと思える!

iOS 12」内に発見されたベゼルレス・デザインのiPadを示唆するヒントをまとめたので、どうぞご覧あれ!

「Face ID」対応のiPadの存在を示唆するヒントまとめ

iPad用「Face ID」の設定が発見

完全なる決定打とも言えるが、「iOS 12」にはiPad用の画面サイズに最適化された「Face ID」の設定画面が用意されている。

現行のiPadシリーズにはこの手の設定が用意されていないことから、次期iPadシリーズのうち、「Face ID」に対応するモデルが準備されていることはほぼ間違いないと考えられる。

ホームボタンが廃止された前提の操作方法を用意

「Face ID」を搭載するiPadということは、「iPhone X」と同様にホームボタンに代わる操作方法が必要になる。「iOS 12」では「iPhone X」と同様、Dockを上方向にスワイプアップすることによってロック画面が表示される仕組みになっている。

また、上記動画を見て分かる通り、コントロールセンターが起動中のアプリを表示するアプリスイッチャーから削除されていることが判明。「iPhone X」同様、右上から下方向にスワイプすることによって起動する仕組みに変わっている。

ノッチを考慮し、メニューバーの配置が変更

操作方法も変わっていることに加え、「iOS 12」をiPadにインストールするとメニューバーの配置が変わっていることが判明。

従来は時計アイコンが画面上部の中央にあったが、「iOS 12」からは「iPhone X」と同じく左右に分離し、切り欠き(ノッチ)が用意されることを示唆した配置に変わっている。

「iOS 12」に関する最新情報は「iOS 12まとめ」からどうぞ!

もっと読むiOS 12まとめ