「iPhone X」の顔認証「Face ID」の使い方や登録方法が判明

FaceID Settings

「iPhone X」でほぼ確定と見られるiPhoneのプレミアムモデルだが、リークした「iOS 11 GM」から新しい情報が次々と判明している。

Guilherme Rambo氏がiPhone X」の「Face ID」で顔認証する方法や登録するまでの流れを解説していたので、紹介する!

顔認証を利用する方法、アニメーションが格好良い

まずは実際に顔認証する方法について。カメラをかざすと中央に目、鼻、口が書かれたグレーの四角い認証ボックスが表示されるので、それらのパーツに自分自身の顔を合わせる。認識されるとボックス全体が青く切り替わり、アニメーションとともに回転しながら認証ボックスが円形に代わる。

どうやらグレーの四角い認証ボックスがブルーの丸い認証ボックスに切り替わると認証成功および完了という意味のようだ。

「Face ID」の登録方法

実際に「Face ID」の登録方法および「Face ID」で利用できる内容が分かるスクリーンショットも公開されている。

iPhoneのロック解除、iTunesおよびApp Storeの利用、Safariのオートフィルが用意され、「Touch ID」で利用できていた機能は「Face ID」でも利用できることが確認できる。「Apple Pay」が項目として無いのは、Rambo氏が「Apple Pay」利用対象国ではないブラジルのIDを利用しているから、と説明している

実際に登録の流れは下記の通り。最初に説明が書かれた画像が表示され、続いて四角いフレーム内に顔を収めるように指示される。顔が認識されると顔がちょうど収まるような丸いフレームに切り替わり、顔を回すように書かれている。1回目の認証が完了、と書かれているので、「Touch ID」同様に2回の登録作業が必要になると予想される。

 gori.meでは以下のプラットフォームで最新情報を配信中!是非フォローを!