「iOS 13」、アクセシビリティ機能としてマウス操作対応が濃厚に

Mouse on iPad 01

やはりiPadでマウスが使えるようになる日は近いかもしれない。

デベロッパーのSteve Troughton-Smith氏はiPadでマウスを利用可能にする機能の開発が進められていると伝えていたが、これまで「iOS 13」や「macOS 10.15」に関する様々な情報を9to5Macで報じてきたGuilherme Rambo氏もiOS 13」ではアクセシビリティ機能としてマウスが利用可能になる、と伝えている。

「アクセシビリティ機能として提供」がポイント

あくまでもアクセシビリティ機能として提供する、という点がポイント。つまり、身体に障害がある人がデバイスを利用しやすくするための機能としての位置づけであり、MacやPCのマウスと同じことができることは期待しない方が良いかもしれない。

マウスを利用するためにはデバイスと接続する必要があるのか、無線でも利用できるのかなどの詳細については未だ不明。

2017年5月には「PointerKit」を使用し、「Magic Mouse」でiPadを操作する動画が公開されていた。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索