有機ELディスプレイの新型iPad Air、2022年に発表か

12.9インチ型iPad Pro、16〜17インチ型MacBook Proが有機EL化する可能性も

Madalyn cox y1Ga4ULi6Dg unsplash

Appleは2022年から、iPadとMacBookのディスプレイを有機ELへ移行する可能性がある。Digitimesによると、最初に搭載するのは10.9インチ型ディスプレイのiPadだという。iPad Airを示唆していると見られる。

新型iPad Air、2021年第4四半期に製造を開始か

新型iPad Airは、2021年第4四半期(10〜12月)に製造を開始し、2022年初頭に発表されるそうだ。また12.9インチ型iPad Proと16〜17インチ型MacBook Proの有機EL化も検討中。発売は2022年が予定されているが、最終決定はされていない。

Appleは2021年、一部製品のディスプレイをミニLEDに移行すると噂れている。DigitimesはミニLEDと有機ELは共存し、それぞれ異なるユーザー層をターゲットとする、と解説している。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは6つの製品にミニLEDディスプレイを搭載する。12.9インチ型iPad Proおよび16インチ型MacBook Proを皮切りに、14.1インチ型MacBook Pro、27インチ型iMac Pro、10.2インチ型iPad、7.9インチ型iPad miniが採用すると予測している。

(Source: Digitimes via MacRumors

ミニLED/有機ELに関するニュース

14本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年03月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索