ソフトバンクオンラインショップ

ミニLED搭載のApple製品、2021年3月まで登場しない可能性

AppleにとってミニLEDは「今後5年間かけて強化する重要な技術」

Eric ding NpZmRfdgNT8 unsplash

ミニLEDディスプレイを搭載した最初のApple製品は、2021年3月頃まで登場しない可能性が高い。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、AppleはミニLEDパネル向けのチップやパネルなどの量産は、2020年の第3四半期(7〜9月期)から2021年第1四半期(1〜3月)にかけて開始すると伝えている。

14.1インチ型MacBook Proは年内見送り?ミニLED非搭載で発表か?

Ming-Chi Kuo氏は、Appleは2020年から2021年にかけて、ミニLEDディスプレイを搭載した製品を6種類発表すると予測していた。予測されている製品は以下の通り。

ミニLEDの採用により、デバイスの軽量化や薄型化されるだけではなく、広色域や高いコントラスト比やHDRが可能になる。有機ELディスプレイの特徴に似た、黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くできる「ローカルディミング」も実現できるとされている。

Ming-Chi Kuo氏によると、AppleはミニLEDの研究開発を進めており、今後5年間に採用デバイスを増やす見通しだ。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
8本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年05月10日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ないふ

    何Retinaかずっと気になってます

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索