ミニLEDディスプレイを搭載したiPadは2020年、MacBookは2021年に登場か

10〜12インチ型のiPadを2020年後半、15〜17インチ型のディスプレイを搭載したMacBookを2021年前半に発表か

iPad And MacBook

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、AppleはミニLEDディスプレイを搭載したiPadおよびMacBookのハイエンドモデルが2020年以降に発表すると計画があると伝えている。

MacRumorsが入手したKuo氏のレポートによると、iPadとMacBookのハイエンドモデルはそれぞれ10,000個のLEDを採用すると予想。「Mac Pro 2019」と同時に発表された「Pro Display XDR」は576個であるとことから飛躍的に多いことが伺える。

また、各LEDのサイズは200ミクロンだという。1ミクロンは1マイクロメートル(0.000001メートル)なので、ミリメートルに換算すると0.001mmということになる。200ミクロンということは、0.2mmだ。

2020年〜2021年のiPad/MacBookは大幅刷新が期待できそう(でも2019年は……?)

Kuo氏は今年4月時点において、Appleは10〜12インチ型のiPadを2020年第4四半期〜2021年第1四半期に発表し、15〜17インチ型のディスプレイを搭載したMacBookを2021年前半に発表すると予想していた

ハイエンドモデルと指摘されていることから「iPad Pro」および「MacBook Pro」である可能性は高いが、Kuo氏は具体的に言及していない。

ミニLEDディスプレイを採用することにより、本体の軽量化・薄型化に貢献しつつも広色域や高いコントラスト比、HDR、そして有機ELディスプレイの特徴に似た、黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くすることができる「ローカルディミング」が実現できるという。

Appleは今年10月にトリプルレンズカメラが特徴の新型「iPad Pro」とデザイン月刷新された16インチ型「MacBook Pro」を発表すると噂されている。これらの情報が正しければ来年以降に新ディスプレイ技術を採用する計画がある以上、今年のモデルは従来通りの液晶ディスプレイになるのかもしれない。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索