Appleの紛失防止タグ、位置誤差は5〜10センチ程度の高精度を実現か

万が一UWBでしか動作しない場合、Appleの紛失防止タグは最新のiPhoneのみでしか利用できないことになる

Apple tag

Apple独自の紛失防止タグの画像 = 9to5Mac

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleが日本時間9月11日に開催予定のスペシャルイベントで「iPhone 11」シリーズと同時に発表すると噂されている紛失防止タグは、超広帯域無線通信(Ultra Wide Band、UWB)に対応すると予想している。

また、同氏が今年5月にも伝えていた通り、次期iPhoneの全モデルも同じ技術をサポートすると見られている。

UWBを採用することにより、一般的な紛失防止タグが採用しているBluetooth LEとWi-Fiよりも遥かに高い精度を実現することが可能。従来は5メートル単位の精度だったところ、UWBであれば5〜10センチメートル単位の精度になるという。

Appleの紛失防止タグがUWBのみサポートするか、Bluetooth LE/Wi-Fiもサポートするかによっては不明。前者である場合、タグを利用できるのは実質2019年のiPhoneのみということになってしまうが、果たしてどうなるのだろうか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索