Appleの紛失防止タグ「AirTag」、2020年後半に発売か

iPhone 11シリーズと同時発表が噂されていたAirTag、iPhone 12シリーズとともに正式披露か

Apple Tile Like Tag Glyphs

【image via MacRumors】

Appleの紛失防止タグ「AirTag」は今年後半に発売される可能性がある。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Universal Scientific IndustrialがSIPの製造を約6割担当し、2020年第2四半期から第3四半期にかけて供給を開始する予定。年内までに数千万台規模で出荷するそうだ。

WWDC 2020で正式発表、iPhone 12シリーズと同時発売か

Kuo氏は今年1月、「AirTag」が2020年前半に登場すると予測していた。3月にスペシャルイベントが開催された場合、「iPhone SE 2」やiPad Proと同時に発表されるかもしれない。

3月に発表されたとしても、発売は数ヶ月先になる可能性がある。過去に発表された新製品の第1世代モデルは、発表と発売時期に期間が空いている。例えばiPhoneは2007年1月に発表され同年6月に発売、Apple Watchは2014年9月に発表され翌年4月に発売されている。

「AirTag」は、iPhone 11シリーズに内蔵されている超広帯域無線通信(Ultra Wide Band、UWB)をサポートし、ARを使うことで紛失したアイテムを探しやすくなると期待されている。iPhoneとの関連性が強い製品であることから、次期iOSバージョンが正式に発表される「WWDC」で発表し、iPhone 12シリーズと同時に発売する可能性もある。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
6本の記事を表示する
関連キーワード
コメントを残す(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(4件)
  1. 通りすがりの読者

    発表から発売の長さなら最近の…
    Mac Proですかね。
    前のはちょっと長くは持たないデザインでしたね、から始まる発表…

  2. 通りすがりの読者

    初代iPhoneの発売は2007年6月では???

    1. g.O.R.i

      全くその通りです!!直しました!!

    2. g.O.R.i

      ありがとうございます😊

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索