Appleの紛失防止タグに関する情報が「iOS 13」のベータ版から発見

いわば「Tile Mate」や「MAMORIO」のような製品のApple版

Apple tag

Apple独自の紛失防止タグの画像 = 9to5Mac

Appleは今年4月に独自の紛失防止タグを開発しているとの噂が流れていたが、デベロッパーSteve Moser氏が「Tag1,1」というデバイスを「iOS 13」内部のコードから発見。


次期iPhoneとともに9月のスペシャルイベントで発表か

9to5MacのGuilherme Rambo氏もそのコードが存在していることを確認し、「AirPods」や「HomePod」のように、iPhoneに近づけることによってペアリングされる仕組みとなっていることが分かった。

他にも紛失防止タグのイメージ画像と思われるアセットが発見されている。単なるモックアップであると見られてるが、関係者の証言から得た開発中の紛失防止タグの説明と大筋一致しているとのこと。

内部では「B389」と呼ばれ、いわば「Tile Mate」や「MAMORIO」のような製品になると見られている。iPhoneと連携し、タグを付けたアイテムが一定距離離れると通知される仕組み。

現時点で発表されていないことや、「iOS 13」のコード内から開発中であることを示唆する記述があることから、次期iPhoneが発表されるであろう9月のスペシャルイベントで披露されるかもしれない。

次期iPhoneは別のデバイスをワイヤレス充電できる機能を搭載するとの噂だが、この紛失防止タグも載せれば充電できる仕様になりそうだなあ。

ストーリータイムライン
「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索