AirTag、完全防水仕様でApple Watchに似た磁気充電仕様か

Appleの紛失防止タグは今年後半に発売されるとの噂

Daniel romero g97R6jQTT0I unsplash apple watch charger set

Appleの紛失防止タグ「AirTag」は、完全防水仕様になるそうだ。Macお宝鑑定団Blogが報じた。本体には充電可能なバッテリーが内蔵され、「Apple Watchの磁気充電に似た充電方法」に対応すると伝えている。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、「AirTag」は今年後半に発売される。iPhoneとの関連性が強い製品であることから、次期iOSバージョンが正式に発表される「WWDC」で発表し、iPhone 12シリーズと同時に発売する可能性もある。

「AirTag」は「Tile Mate」や「MAMORIO」と同じように、貴重品などなくしたくないものに取り付けて使用すると思われる。ユーザーが「AirTag」を取り付けたデバイスから一定距離離れると、iPhoneが通知を受信する仕組み。

iPhone 11シリーズにも実装されている超広帯域無線通信(Ultra Wide Band、UWB)に対応し、位置誤差5〜10センチ程度の高い精度が噂されている。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連キーワード
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. んちまみ

    バッテリーをまめに充電という事は、air tagを無くすって事もありえる訳か…(´ω`)

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索