3Dカメラ搭載のiPad Pro、2020年前半に登場か MacBookは新しいシザー式キーボードへ順次切り替え

iPhoneよりも先にiPad ProにToFカメラが採用される見通し、トリプルレンズカメラ搭載モデルは来年発表か

Dennis brendel bSBJ7PYA3DU unsplash ipadpro iphone applewatch

Appleは3D ToFカメラを搭載する外向きカメラのある「iPad Pro」を2020年の第2四半期(2020年4月〜6月)に発売すると、TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏が予想している。

これまで3Dセンシングを可能とするToFカメラがiPhoneまたはiPadに採用されることは過去にも報じられていたが、具体的な登場時期について言及されたのは今回が初めて。

ToFカメラは、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測することができ、離れた距離にある被写体の深度を認識できるようになると見られ、高い精度も期待される。写真や動画の撮影時だけではなく、AR機能などにも活用されると見られる。

同機能は2020年に登場するiPhoneにも搭載されると見られているが、Kuo氏の情報が正しければ、iPhoneよりも先にiPadに採用されるようだ。

16インチ型MacBook Proはシザー式キーボードを採用、他のモデルも続く見通し

Kuo氏は他にも16インチ型「MacBook Pro」に採用されると噂されている新しいシザー式キーボードについて、今後登場するMacBookシリーズにも採用されると指摘。

新しいキーボードを採用するMacBookシリーズは2020年第2四半期までに登場すると見られ、Appleが2015年に発表した12インチ型「MacBook」以来、度々改良を重ねてきたバタフライ式キーボードから完全に乗り換える方針であることが伺える。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索