3Dセンシングが可能な外向きカメラを搭載したiPad、2020年3月発表か

次期iPhoneが対応すると噂されている外向きカメラの3Dセンシングを先に採用することはあり得るのか

Tirple Lens Camera iPad Rumors

Appleは、2020年3月に3Dセンシングが可能な外向きカメラを搭載した新型「iPad Pro」を発表するThe Elecが報じている。

匿名の業界関係者によると、韓国のDerkwoo Electronicsが3Dセンサーモジュールの一部部品を提供すると見られ、2019年末に量産が開始されるとのこと。

3Dセンシングは測域・測量技術「Time of Flight(ToF)」によって実現すると見られ、昨年11月、Ming-Chi Kuo氏が伝えていた情報と一致している。同氏はToFに対応した新しいiPadは2019年第4四半期または2020年第1四半期に発表すると予想していた。

iPhoneよりも先にiPadに外向きカメラの3Dセンシング機能を採用する可能性はあるのか

Kuo氏の情報では2020年のiPhoneは外向きカメラで3Dセンシングを可能とするToFセンサーを搭載する見通しとなっているが、今回報じられている内容が事実だとすれば、外向きカメラの3Dセンシング対応はiPhoneよりも先にiPadに採用されることになる。

これまでの傾向からして、実際にそのようなことはあり得るのか。

iPadがiPhoneよりも先に新機能を採用された事例は存在する。LTE対応や「A4」「A5」チップの搭載などはあるものの、基本的にiPhoneで新機能が披露される傾向にあることは事実。このことから、果たして本当に来年3月までに3Dセンシング対応外向きカメラを搭載したiPadが登場するのかは疑問が残る。

また、Bloombergの情報によると進化したカメラが特徴となる「iPad Pro」が年内に登場し、Macお宝鑑定団Blogの情報によると新モデルは新型「iPhone 11」シリーズと同じくトリプルレンズカメラを搭載する可能性があると言われている。

Iphone 2020 with tof camera
3Dセンシングに対応した次期iPhoneのコンセプトイメージ

仮に年内に登場する新モデルが10月に発表された場合、来年3月にその次のモデルを発表するまでの期間は約5ヶ月しか空かず、ペースが早すぎるような印象もある。

発売スケジュールという観点からすれば、年内に新型「iPad Pro」は発表せず、来年3月に3Dセンシングを搭載した新モデルを投入する可能性はあるが、iPhoneよりも先に採用されてしまう問題は解決できていない。カメラが強みであり特徴であるiPhoneよりも先にカメラ機能を大幅に進化させる機能を披露するのは得策とは言えない。

これらを踏まえると、Appleは今年10月にトリプルレンズカメラを搭載した新しい「iPad Pro」を発表し、来年10月には3Dセンシングに対応したさらに新しい「iPad Pro」を発表する、という流れが最も現実的かもしれない。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. いば

    良き!!!!

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索