iPad Proの2019年モデル、iPhone 11と同じトリプルカメラ仕様か

iPadシリーズを「カメラ性能が高いタブレット」として世界のタブレットシェアをさらに伸ばすことが狙いか

Henry ascroft 7OFnb7NOvjw unsplash ipad pro

Appleは、2019年に発表する新型「iPad Pro」に、新型「iPhone 11」シリーズと同じくトリプルレンズカメラを搭載する可能性があるMacお宝鑑定団Blogが報じている。

これらのモデルは2019年10月に発表されると見られ、11インチモデルおよび12.9インチモデルどちらにも同じ3眼カメラ仕様になる模様。現行モデルは両モデルともシングルレンズカメラとなっている。

IPad Pro 2018 12 9inch Review 14

10.2インチ型「iPad」もデュアルレンズカメラ仕様か

また、噂されている10.2インチ型「iPad」についてもシングルレンズではなくデュアルレンズになる可能性があるとのこと。「iPhone XR」の次期モデルもデュアルレンズカメラを搭載すると噂されている。

なぜAppleはiPadシリーズのカメラを2眼や3眼仕様にしようとしているのか。

これは、カメラ性能を引き上げることにより、すでにある世界のタブレットシェア4割をさらに伸ばすことが狙いではないかと見られている。

カメラのレンズが物理的に増えることによってカメラ性能が改良されることが期待される。日本では比較的少ないほうだが、海外ではiPadをカメラ代わりとして使う人も多く、次期iPadシリーズのカメラ性能が改善されることは、(見た目云々はさておき)歓迎されそうだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索