「iPad mini Retina」のベンチマークスコアは「iPhone 5s」と同等、「iPad Air」を若干下回る結果に

iPad mini Retinaベンチマークスコア
世間待望の「iPad mini Retina」が昨日大きな発表もなくApple Online Storeで公開された。早々に注文している人も多いようだ。

その「iPad mini Retina」だが、先月のイベントで発表された内容によると「A7」プロセッサーと「M7」コプロセッサーを搭載し、「iPhone 5s」とほとんど同じスペックになると発表されていた。「iPad mini Retina」を早々に手に入れたユーザーが実施した「Geekbench 3」のベンチマークテスト結果によると、「iPad mini Retina」のベンチマークスコアは「iPhone 5s」と同等であることが明らかになった!

動作クロック数は1.29GHz(「iPhone 5s」は1.3GHz)

ベンチマークテストの詳細を見ると、「iPad mini Retina」に搭載されている「A7」プロセッサーの動作クロック数は1.29GHzであることが分かった。「iPhone 5s」は1.3GHzで動作するため、おおよそ同じと言える。

なお、「iPad Air」の動作クロック数1.39GHz。使っていてその差に気づくことはないと思うが、今年発売されたiOSデバイスで最もクロック数が高いのは「iPad Air」ということになる。

ネット上では早速開封動画も早速開封されていたので、載せておく!



MacBook Pro Retina」を購入してしまったのでしばらく「iPad mini Retina」は買う予定が無いが、性能も向上しディスプレイも綺麗になったことはやはり魅力的。誰かクリスマスプレゼントにでも送ってくれないかなあ…。

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!