いつ出るの?2020年に発表が期待される、Appleの新製品まとめ

Appleが今年発表する、新しいハードウェアを予想する

Daniel korpai g gMpqnpcn0 unsplash

Appleは2020年も、数々の新しい製品を次々と発表するだろう。新型iPhoneはもちろんのこと、新しいMac、Apple Watch、iPadなど、既存の製品ラインアップのアップデートに加え、完全に新しいジャンルの新製品を投入するかもしれない。

本記事では、「2020年に発表されてほしい、Apple製品まとめ」として、今年登場する可能性がある新製品とその予想発売時期をまとめた。新製品の発売にあわせて記事は随時更新し、正式な発売日を追記する。今後の買い物計画を練る上で、参考にどうぞ!

2020年に発表されそうな新製品まとめ

iPhone SE 2(iPhone 9)

Matteo fusco 1giBTF3G4EE unsplash iphone 7 jetblack

予想発表次期:2020年3月

iPhone SE」の後継モデルと位置づけられているiPhone3月頃、発表されると報じられている。

iPhone 8」と同じ筐体を採用し、「A13 Bionic」チップと3GBのRAMを内蔵する。ストレージ容量は64GBまたは128GB。カラーモデルはスペースグレイ、シルバー、レッドの3色、「3D Touch」は対応しない。

実質的に「iPhone 8」のアップグレードモデル、という位置づけになるため、発売と同時に「iPhone 8」は販売終了する可能性がある。

iPad Pro

IPad Pro 11 inch 12inch 10302018

予想発表次期:2020年3月

iPad Pro」の11インチモデルおよび12.9インチモデル3月頃、アップデートされると噂されている。

iPhone 11 Pro」と同じ、トリプルレンズカメラ仕様になり、現行モデルと比べて本体の厚みがわずかに増す可能性がある。カラーモデルとして、シルバー、スペースグレイ、そして新たにミッドナイトグリーンが追加され、筐体は金属製ではなくガラス製になるとの噂も。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は2020年後半に、ミニLEDディスプレイを搭載した、新型「iPad Pro」の登場を予想している。

HomePod

Nicolas lafargue 2FcSIYJQkTM unsplash homepod

予想発表次期:不明

「HomePod」の低価格モデルは、昨年4月から2019年中に発表される、と噂されていたが、実現されず。Bloombergは2019年8月、同モデルはツイーターを7つから2つまで減らし、価格を抑えたモデルが準備されていると伝えていた。

iMac Pro

New 2017 imac pro dark grey front

予想発表次期:不明

iMac」の21.5インチモデルおよび27インチモデルは、2019年3月にアップグレードされたが、「iMac Pro」は、2017年12月14日に販売開始されて以来、アップデートされていない。

”Pro”製品でありながら「Pro Display XDR」を接続しても5K解像度に制限されるなど、ハードウェアの都合で利用できない周辺機器が出てきていることから、2020年中にアップデートされる可能性は高い

MacBook Pro

Typing on my MacBook Pro 13inch 01

予想発表次期:不明

従来の15インチモデルを置き換えた、16インチ型「MacBook Pro 2019」の登場により、Appleが考える、「MacBook Pro」の方向性が明らかになった。プロマシーンは、今後数年間、薄さや軽さよりもパフォーマンスと使い勝手の良さを重視する、と解釈できる。

13インチモデルが、16インチモデルと同じ方向性になるとすれば、14インチディスプレイを搭載した新モデルに置き換えられる。本体サイズはわずかに分厚く、わずかに大きくなり、電池も大幅に増える。

発表時期は不明。4ポート搭載の13/15インチモデルは2019年5月、2ポート搭載の13インチモデルは2019年7月、16インチモデルは2019年11月に発表されている。

次期モデルへの搭載が予想される、次期Intelチップ「Ice Lake」シリーズは「Wi-Fi 6」にも対応。16インチモデルもマイナーアップデートされる可能性が高い。

MacBook Air

MacBook Air 2018 Review 13

予想発表次期:不明

MacBook Air」も、「Ice Lake」シリーズのIntelチップを搭載した新モデルの登場が予想される。現行モデルの約2.7倍の性能を記録した、ベンチマークスコアが計測サイト上で発見されたが、真偽は定かではない。

発表時期は不明。現行モデルは2019年7月、2018年モデルは10月に発表されている。

iPhone 12シリーズ

Daniel romero 4P3jflrqJhA unsplash 2019 iphones

予想発表次期:2020年9月

「iPhone 12」は、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種、合計4機種が発表される見通し。全モデル有機ELディスプレイを搭載し、5G通信に対応する。

筐体も「iPhone 4」のような角張ったデザインに変更され、3年ぶりに外観の変化が期待される。一部では、ディスプレイ上どこでも指紋が認証される、画面内蔵型指紋センサーを搭載するとの噂もある。

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 5 Review 03

予想発表次期:2020年9月

Apple Watch Series 5」は、「Apple Watch Series 4」と比べて常時オンディスプレイと電子コンパス機能以外、目立った進化がなかった。

「Apple Watch Series 6」に関する情報は限られているが、Ming-Chi Kuo氏によると、処理速度と防水性能の向上、ワイヤレス機能の改良、セルラーおよびWi-Fi通信の改善を予想している。

AirTag

Apple tag

予想発表次期:不明

昨年、Appleは「Tile Mate」や「MAMORIO」に似た、Apple純正紛失タグを発表すると噂されていた。とある情報によると、準備は進められていたものの、直前で発表が見送られたという。

2020年こそは、正式に発表されるかもしれない。

iPhone 11」シリーズに搭載されているUWB(Ultra Wide Band = 超広帯域無線通信チップ)は本来、「AirTag」のために搭載されていると言われている。

その他発表される可能性のある製品

iPad、iPad AiriPad mini

Kerde severin 1114335 unsplash ipad and apple pencil

昨年アップデートされなかった「iPad Pro」は、2020年にアップデートされる可能性が高いが、昨年アップデートされた「iPad」、「iPad Air」、「iPad mini」は今年、アップデートされるかどうかは不明。

仮にアップデートされる場合、内部仕様が改良されるマイナーアップデートに留まる可能性が高い。

iPad mini 5」および」「iPad Air 3」は2019年3月、10.2インチ型「iPad」は2019年9月に発表されている。

Apple純正ヘッドホン

The Apple Post Apple Headphones 4B
Apple純正ワイヤレスヘッドホンのコンセプトイメージ

Ming-Chi Kuo氏やBloombergは、Appleブランドのオーバーイヤーヘッドホンが2019年に発表されると報じていたが、実現されなかった。

2020年に発表される可能性もあるが、ノイズキャンセリング機能を搭載し、独自チップを搭載しているとの噂から、「Beats Solo Pro」のことだったのかもしれない。

ARMベースのMac

Michal kubalczyk 505207 unsplash macbook future

Appleの「A」チップは非常に高性能。もしこれがMacに搭載されたら、と思うと心が踊る。

2020年、その夢は実現されるかもしれない。Bloombergは2018年10月に、ARMチップ搭載のMacは早ければ2020年に発表されると報じ、Axiosは2019年2月に、ARMチップが動作するMacの登場時期として「早ければ2020年」と聞いていると明らかにした。

IntelからARMに切り替えることにより、AppleはIntelを待つ必要がなくなる。iPhoneのように、Appleのペースで定期的に新製品を投入することが可能になる。

関連キーワード
コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. jecht

    以前に「なぜMacのdGPUにNVIDIAを採用しないのか?」というコメントがあったかと思いますが、その理由の一つが「A」チップ採用待ちというのがあるのでは?と個人的に思ってます。
    現時点で採用しないのはAMDの方が調達コストやドライバ開発等でAppleの要望を聞いてくれるという大人の事情と思われますが、いずれ遠くない将来に「A」チップ移行するからというのもあるのかな?と。

    もし、「A」チップ移行時にPowerPCからintelに移行した時のようにアプリケーションがFATバイナリ形式で配布されるとかAppStoreからアーキテクチャに応じたバイナリを自動判別でダウンロードできるのならエントリーモデルから順次「A」チップ採用なんてこともあるのかも?

    WWDC2005での「It’s true!」の再現なるか?
    (「e」の文字が半行下がってintelのロゴ風になってたのが当時ツボったw)

    1. ひじきマン

      それなwww
      by Apple信者

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索