いつ出るの?2020年に発表が期待される、Appleの新製品まとめ

Appleが今年発表する、新しいハードウェアを予想する

Daniel korpai g gMpqnpcn0 unsplash

Appleは2020年も、数々の新しい製品を次々と発表するだろう。新型iPhoneはもちろんのこと、新しいMac、Apple Watch、iPadなど、既存の製品ラインアップのアップデートに加え、完全に新しいジャンルの新製品を投入するかもしれない。

本記事では、「2020年に発表されてほしい、Apple製品まとめ」として、今年登場する可能性がある新製品とその予想発売時期をまとめた。新製品の発売にあわせて記事は随時更新し、正式な発売日を追記する。今後の買い物計画を練る上で、参考にどうぞ!

2020年に発表されそうな新製品まとめ

iPhone SE 2(iPhone 9)

Matteo fusco 1giBTF3G4EE unsplash iphone 7 jetblack

予想発表次期:2020年3月

iPhone SE」の後継モデルと位置づけられているiPhone3月頃、発表されると報じられている。

iPhone 8と同じ筐体を採用し、「A13 Bionic」チップと3GBのRAMを内蔵する。ストレージ容量は64GBまたは128GB。カラーモデルはスペースグレイ、シルバー、レッドの3色、「3D Touch」は対応しない。

実質的にiPhone 8のアップグレードモデル、という位置づけになるため、発売と同時にiPhone 8は販売終了する可能性がある。

iPad Pro

IPad Pro 11 inch 12inch 10302018

予想発表次期:2020年3月

iPad Proの11インチモデルおよび12.9インチモデル3月頃、アップデートされると噂されている。

iPhone 11 Proと同じ、トリプルレンズカメラ仕様になり、現行モデルと比べて本体の厚みがわずかに増す可能性がある。カラーモデルとして、シルバー、スペースグレイ、そして新たにミッドナイトグリーンが追加され、筐体は金属製ではなくガラス製になるとの噂も。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は2020年後半に、ミニLEDディスプレイを搭載した、新型iPad Proの登場を予想している。

HomePod

Nicolas lafargue 2FcSIYJQkTM unsplash homepod

予想発表次期:不明

「HomePod」の低価格モデルは、昨年4月から2019年中に発表される、と噂されていたが、実現されず。Bloombergは2019年8月、同モデルはツイーターを7つから2つまで減らし、価格を抑えたモデルが準備されていると伝えていた。

iMac Pro

New 2017 imac pro dark grey front

予想発表次期:不明

iMacの21.5インチモデルおよび27インチモデルは、2019年3月にアップグレードされたが、iMac Proは、2017年12月14日に販売開始されて以来、アップデートされていない。

”Pro”製品でありながらPro Display XDRを接続しても5K解像度に制限されるなど、ハードウェアの都合で利用できない周辺機器が出てきていることから、2020年中にアップデートされる可能性は高い

MacBook Pro

Typing on my MacBook Pro 13inch 01

予想発表次期:不明

従来の15インチモデルを置き換えた、16インチ型MacBook Pro(2019)の登場により、Appleが考える、MacBook Proの方向性が明らかになった。プロマシーンは、今後数年間、薄さや軽さよりもパフォーマンスと使い勝手の良さを重視する、と解釈できる。

13インチモデルが、16インチモデルと同じ方向性になるとすれば、14インチディスプレイを搭載した新モデルに置き換えられる。本体サイズはわずかに分厚く、わずかに大きくなり、電池も大幅に増える。

発表時期は不明。4ポート搭載の13/15インチモデルは2019年5月、2ポート搭載の13インチモデルは2019年7月、16インチモデルは2019年11月に発表されている。

次期モデルへの搭載が予想される、次期Intelチップ「Ice Lake」シリーズは「Wi-Fi 6」にも対応。16インチモデルもマイナーアップデートされる可能性が高い。

MacBook Air

MacBook Air(2018) Review 13

予想発表次期:不明

MacBook Airも、「Ice Lake」シリーズのIntelチップを搭載した新モデルの登場が予想される。現行モデルの約2.7倍の性能を記録した、ベンチマークスコアが計測サイト上で発見されたが、真偽は定かではない。

発表時期は不明。現行モデルは2019年7月、2018年モデルは10月に発表されている。

iPhone 12シリーズ

Daniel romero 4P3jflrqJhA unsplash 2019 iphones

予想発表次期:2020年9月

「iPhone 12」は、5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種、合計4機種が発表される見通し。全モデル有機ELディスプレイを搭載し、5G通信に対応する。

筐体も「iPhone 4」のような角張ったデザインに変更され、3年ぶりに外観の変化が期待される。一部では、ディスプレイ上どこでも指紋が認証される、画面内蔵型指紋センサーを搭載するとの噂もある。

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 5 Review 03

予想発表次期:2020年9月

Apple Watch Series 5は、「Apple Watch Series 4」と比べて常時オンディスプレイと電子コンパス機能以外、目立った進化がなかった。

「Apple Watch Series 6」に関する情報は限られているが、Ming-Chi Kuo氏によると、処理速度と防水性能の向上、ワイヤレス機能の改良、セルラーおよびWi-Fi通信の改善を予想している。

AirTag

Apple tag

予想発表次期:不明

昨年、Appleは「Tile Mate」や「MAMORIO」に似た、Apple純正紛失タグを発表すると噂されていた。とある情報によると、準備は進められていたものの、直前で発表が見送られたという。

2020年こそは、正式に発表されるかもしれない。

iPhone 11シリーズに搭載されているUWB(Ultra Wide Band = 超広帯域無線通信チップ)は本来、「AirTag」のために搭載されていると言われている。

その他発表される可能性のある製品

iPad、iPad AiriPad mini

Kerde severin 1114335 unsplash ipad and apple pencil

昨年アップデートされなかったiPad Proは、2020年にアップデートされる可能性が高いが、昨年アップデートされたiPad、「iPad Air」、iPad miniは今年、アップデートされるかどうかは不明。

仮にアップデートされる場合、内部仕様が改良されるマイナーアップデートに留まる可能性が高い。

iPad mini 5」および」「iPad Air 3」は2019年3月、10.2インチ型iPadは2019年9月に発表されている。

Apple純正ヘッドホン

The Apple Post Apple Headphones 4B
Apple純正ワイヤレスヘッドホンのコンセプトイメージ

Ming-Chi Kuo氏やBloombergは、Appleブランドのオーバーイヤーヘッドホンが2019年に発表されると報じていたが、実現されなかった。

2020年に発表される可能性もあるが、ノイズキャンセリング機能を搭載し、独自チップを搭載しているとの噂から、「Beats Solo Pro」のことだったのかもしれない。

ARMベースのMac

Michal kubalczyk 505207 unsplash macbook future

Appleの「A」チップは非常に高性能。もしこれがMacに搭載されたら、と思うと心が踊る。

2020年、その夢は実現されるかもしれない。Bloombergは2018年10月に、ARMチップ搭載のMacは早ければ2020年に発表されると報じ、Axiosは2019年2月に、ARMチップが動作するMacの登場時期として「早ければ2020年」と聞いていると明らかにした。

IntelからARMに切り替えることにより、AppleはIntelを待つ必要がなくなる。iPhoneのように、Appleのペースで定期的に新製品を投入することが可能になる。

関連情報
公開日2020年01月07日
更新日2020年04月28日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. jecht

    以前に「なぜMacのdGPUにNVIDIAを採用しないのか?」というコメントがあったかと思いますが、その理由の一つが「A」チップ採用待ちというのがあるのでは?と個人的に思ってます。
    現時点で採用しないのはAMDの方が調達コストやドライバ開発等でAppleの要望を聞いてくれるという大人の事情と思われますが、いずれ遠くない将来に「A」チップ移行するからというのもあるのかな?と。

    もし、「A」チップ移行時にPowerPCからintelに移行した時のようにアプリケーションがFATバイナリ形式で配布されるとかAppStoreからアーキテクチャに応じたバイナリを自動判別でダウンロードできるのならエントリーモデルから順次「A」チップ採用なんてこともあるのかも?

    WWDC2005での「It’s true!」の再現なるか?
    (「e」の文字が半行下がってintelのロゴ風になってたのが当時ツボったw)

    1. ひじきマン

      それなwww
      by Apple信者

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索