Apple純正ワイヤレスヘッドホンのコンセプトイメージが公開

The Apple Post Apple Headphones

Appleブランドのオーバーイヤーヘッドホンが年内に発表される、と噂されている。「AirPods」と同様の使い勝手を実現したハイエンドモデルになると言われていることから、音質が高く評価されている「HomePod」を作ったAppleが手掛けるヘッドホンに期待が高まる。

音質も気になるが、AppleといえばデザインApple純正ワイヤレスヘッドホンのコンセプトイメージThe Apple Postが公開していたので、紹介する!

Appleならではの洗練されたデザインに期待

Appleがデザインするオーバーイヤーヘッドホンとは全く想像がつかない。このコンセプトイメージのようにAppleのロゴが左右のハウジング部分に描かれていることは想像できるが、Beatsのようにシュッとしたデザインになるのか、その他メーカーのように少しボリュームがあるのか、全く分からない。

The Apple Post Apple Headphones 4B

「AirPods」の延長線上にあると考えると、ヘッドホンの着脱で音楽が停止・再生再開する仕組みが用意され、ハイエンドモデルであると考えるとノイズキャンセリング機能が用意されていることも期待できる。当然Apple独自のチップは搭載し、現所の「W1」チップのようなデバイス切り替えや長時間バッテリーなどの恩恵を受けることはできるはず。

個人的に期待しているのは、イヤーカップの形状が多くの人の耳のサイズにハマるように設計されていること。「AirPods」は耳の形をサンプルとして集めた上で設計したと記憶しているが、オーバーイヤーヘッドホンも似たように最高の音を楽しめるように最適な形状を用意してくれることに期待したい。

また、「HomePod」が設置されている空間を認識し、音質を最適化してくれる機能があるように、オーバーイヤーヘッドホンも耳に対する空間を自動的に認識した上で音質を最適化してくれる機能が搭載されているのではないだろうか。期待しすぎ?

また、ファッション性の高いBeatsと差別化するために、見た目はエレガントになるのではないかと予想している。今回紹介したコンセプトイメージは方向性としては概ね間違っていないかもしれない。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい